私たちについて

サポーター

最終更新: 2020年4月18日

私たちのプロジェクトは、東京大学の「社会構想マネジメントを先導するグローバルリーダー養成プログラム (GSDM)」からの支援を受けて行われました。GSDMは、大学院生に対し、各々の専門分野を超えたテーマの研究を行う機会を

提供し、分野横断的な社会的・技術的課題について調査・行動することを奨励しています。 GSDMは、日本の33の大学にまたがる62個のリーディング大学院プログラムのうちの1つであり、2019年度の事後評価の際、文部科学省より最高

評価(S)を与えられています。

GSDMにおける学生の主要な課題の1つが、「学生イニシアティブプロジェクト」(Student Initiative Project: SIP)

です。SIPでは「学生イニシアティブ」の名に相応しく、チームの編成・学際的な研究行動計画の作成から実行(研究

手法の確立・予算管理等)まで、学生に対し完全な自由が与えられます。 

本プロジェクトの期間中、GSDM事務局から様々な支援をいただきました。また、半年に1回の評議会においては、GSDMの教員・アドバイザーの皆様から多くのご助言をいただきました。この場を借りて、御礼申し上げます。

2021年度より、Toward DiversityはGSDMから独立し、東京大学のサークルとして登録されました。

GSDM_LogoA.png