イベント

東大の国際女性デー2022:ビデオ

最終更新: 2022年3月12日

東京大学の女性たちへ、Happy International Women’s Day!

「Progress we have made」

この2本のショートムービーのうちの1本は、145年にわたる東京大学の歴史の中で、男女共同参画に向けて歩みを進めてきたことを振り返るために制作されました。1927年に保井コノさんが日本人女性で初めての博士号を取得してから、1946年の初の女子学生入学、2006年の男女共同参画推進室設置、2021年に東京大学理事の過半数が女性になるまで、このビデオを通じて、大学が女性の活躍に積極的に取り組んできた過去から現在に至るまでの重要人物、組織、瞬間を再確認していただければ幸いです。

それと同時に、東京大学における未来の女性たちの活躍はまだ描かれておらず、私たち全員によって形作られるものであることを、東京大学コミュニティの皆様に思い出していただけることを願っています。

東京大学理学図書館の皆様、撮影を許可いただきありがとうございました。また、保井コノさん、辻村みちよさんの写真を提供していただいたお茶の水女子大学の皆様、及び、鈴木ひでるさんの写真を提供していただいた日本女子大学成瀬記念館の皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。最後に、東京大学新聞社の皆様、貴重な資料をご共有いただき誠にありがとうございます。
 

「Step by step」

2本のショートフィルムのうちの2本目は、東京大学で学ぶ現役の女子学生や研究者の目を通して、テクノロジーと社会の未来に目を向けた作品です。この映像が、東京大学で最先端の研究を行っている多様な女性たちに注目し、女子学生が夢や希望に向かって次の一歩を踏み出すきっかけになればと願っています。

 

「狂ATE the FUTURE」の映像をご提供いただいた工学系研究科広報室様、及び「Discover our people」の映像をご提供いただいた東京大学様に、この場を借りて御礼を申し上げます。また、「step by step」ジェスチャーの写真でこのビデオに参加くださった皆さん、ご協力ありがとうございました。